周年記念で使いたいトロフィーの素材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な記念日で使われるトロフィーには、どんな種類があるでしょうか。
スタンダードなものなら、ゴールドやシルバー色がキレイに映える樹脂製やアクリル製のものが多いです。デザインは様々で王冠や星、カップなどの形が美しく配置されています。見た目は華やかですが持つと比較的軽く、持ちやすいのも特長です。
透明感のあるトロフィーとして、クリスタルを選ぶ人もいます。光を反射するクリスタルは角度によって色が変化する美しさがあります。最近では3D加工によって、ガラスの中に彫刻を施すものもあります。ガラスの中に立体的な彫刻が見えて、じっくり眺めたい仕上がりになります。重量は樹脂やアクリルのものより重く、存在感があります。
その他、素材としてブロンズを使うこともあります。光沢があり長持ちする素材で、他にはない個性あふれるトロフィーを制作できます。

台座にこだわりたいとき

トロフィーには台座があり、そのうえに人形や聖火台などの本体があります。台座のところに彫刻プレートがあり、そこに名前や日付、賞の種類が書かれているのを見たことがあるという人もいるでしょう。
台座にも様々な種類があります。主に本体の素材とマッチしたものが使われます。クリスタル製のものなら、台座もクリスタルという場合があります。また違った色の大理石を使うこともできます。少し暗い色を使って、上の素材を目立たせる方法も採用されています。台座がやや重い素材で作られていると、設置したときにより安定感があります。
しっくりと落ち着いた素材として、木製の台座を選択する場合もあります。やや濃い色の木目がきれいな台座なら重厚感があり、見ていて飽きないものになるでしょう。台座と本体が一体となって、美しいトロフィーを作り出せます。

こだわりのあるトロフィー

機能性のあるものも人気です。周年記念のトロフィーをいただくと普通は家の中の、よく見えるところに飾ります。それで時計が一体になっているものなら、トロフィーを眺めるときについでに時間も確認できて一石二鳥です。
同じように温湿度計がセットになっているものもあります。見た目もおしゃれで室内に飾っても見栄えがします。家族がいつも眺めることができる場所に置くと、周年記念のことも時々思い出すことができます。制作の際に、どんな機能を付けることができるか考えるとオリジナルの可能性が広がっていきます。